手旗信号のわりと簡単な覚え方

はじめに

手旗信号は、昔の通信手段と思われがちですが、自衛隊、ボーイスカウト、海洋少年団などを中心に、現在でも、しっかり活用されています。

手旗信号のいいところは、電気などのエネルギーを必要としない、環境にやさしい通信方法だというところ。

人間の力だけで、遠方の人と通信することができますね。(望遠鏡・双眼鏡で見える範囲ですが。。。)

この手旗信号、見てると、とても難しそうにみえますが、覚え方のポイントだけつかめば、わりと簡単に覚えられます。

手旗信号を覚える必要がある人も、ない人も、手旗信号をコミュケーションツールのひとつとして、ぜひ覚えて、活用してみてください。

手旗信号 覚え方のポイント

カタカナをイメージする

手旗信号のほとんどの文字は、カタカナをモチーフにして作られています。 たとえば「ア」の文字は、こんなポーズになります。 手旗信号の組み立て.jpg 50音のうち、25文字はカタカナの形通りなので、改めて覚える必要はありません。 残りの25文字を優先的に覚えましょう。

シとソとンはまとめて覚える

しの 手旗信号しの 覚え方
その 手旗信号その 覚え方
んの 手旗信号んの 覚え方

ウとラとヲはまとめて覚える

うの 手旗信号うの 覚え方
らの 手旗信号らの 覚え方
をの 手旗信号をの 覚え方

縦棒は赤が上だが、エとチだけ白が上

2の 手旗信号エとチ以外の縦棒は
すべて赤が上
エとチの 覚え方エとチのみ白が上


TOPPAGE  TOP 
HOME RSS2.0